p_guidance

学園の概要

見晴台学園は、「NPO(特定非営利活動)法人 学習障害児・者の教育と自立の保障をすすめる会」が運営する、学習障害や軽度の発達の遅れをもつ子どもたちの学びの場として開校した無認可の“学校”です。
「もっと学びたい!友だちがほしい!」と思っても中学校卒業後の進路がなかった子どもたちの要求をかなえようと、親たちが中心となって1990年名古屋市南区に5年制の“高校”として『見晴台学園』を作りました。
1995年には刈谷市に新校舎を建設・移転し、同時に中等部や土曜教室を開設、更に2001年には青年部・学寮・自立支援センターるっくを開設しました。
そして2005年春、名古屋市中川区の新校舎に移転し、新しいスタートを切りました。
設置主体は「NPO法人 学習障害児・者の教育と自立の保障をすすめる会」ですが、補助のない厳しい財政の中、豊かな教育を求めて親と教職員が手を携え運営している“父母立の学校”です。

理念

  • 一人ひとりの子どもの必要に応え、真の学力を高め、わかる喜びを知り、学ぶ楽しさを知ることのできる教育
  • たがいの人格を認め合い、障害を理解しあい、より高い人間性をめざす学園
  • 子ども、父母、職員が手をつなぎ、みんなでつくり、みんなで運営する学園

沿革

1990年 「学習障害児の高校教育をもとめる会」発足。名古屋市南区に見晴台学園開校
1995年 「学習障害児・者の教育と自立の保障をすすめる会」に改称
刈谷市に新校舎を建設・移転。中等部や土曜教室を開設
2000年 特定非営利活動(NPO)法人取得
2001年 青年部、自立支援センターるっく開設
2005年 名古屋市中が国新校舎を建設・移転
2009年 11月より生活自立訓練事業「ら・びすた」を開始
現在、生徒数23名(男子13名、女子10名)教職員数16名(非常勤講師含む)

運営

学園の運営はすべての父母、教職員など全員が協力して行います。
入学者の父母は

  1. すべての父母・教職員と協力し、学園運営に責任を持ちます。
  2. 「NPO法人 学習障害児・者の教育と自立の保障をすすめる会」に加入し、見晴台学園を含むすすめる会の諸活動に積極的に参加します。